2010年11月26日

便秘の原因-ストレス-

便秘には、ストレスも大きく影響します。
腸の蠕動運動は、自分の意志ではなく、自律神経がコントロールしています。
自律神経は、精神的な影響を大きく受けますので、ストレスがあると腸の働きが乱れてしまうのです。


自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は緊張しているときに働く神経です。
血管を収縮させるため、心臓がドキドキしたり、腸の動きが抑制されたりします。


一方、副交感神経はリラックスしているときに働く神経です。
血管を広げるので、腸の蠕動運動も活発にしてくれます。


旅行中など起こる一過性の便秘は、環境が変わって、体が緊張しているために起こった便秘です。
旅行中の便秘であれば、帰宅すれば解消しますが、日々ストレスの多い生活をしていると、体の緊張が解けるときがありませんよね。

このような日常的に長く続くストレスほど、常習性便秘の原因になりやすいのです。


また、最近急増している過敏性腸症候群の症状のひとつがけいれん性便秘です。
過敏性腸症候群は、ストレスのために腸の働きが乱れてしまう便通異常です。
下痢や便秘が続いたり、下痢と便秘を繰り返したり、という症状が現れます。

けいれん性便秘では、腸がストレスのために敏感になり、収縮が強すぎるために、蠕動運動のリズムが乱れてしまうのです。
posted by いりゅう at 19:43| Comment(0) | 便秘の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。