2010年12月08日

急性便秘と慢性便秘

便秘には大きく急性便秘と慢性便秘があります。

ここからはそれぞれの便秘について、ひとつずつ見ていきましょう。



急性便秘

(1)急性・一過性単純性便秘

環境の変化やストレスなどによって突然始まる便秘です。

ダイエットなどによって食事の量が急に減ったり、水分が不足したり、食べ物の変化があったりしたときに起こります。



また、女性では妊娠中や生理前などにも起こることがあります。

この便秘は一過性のものですので、その原因がなくなれば自然に解消します。



(2)急性・症候性便秘

何らかの病気や疾患があって起こる便秘で、「器質性便秘」とも呼ばれます。

腸閉塞を起こして、腸管がつまった場合や、腸捻転で、腸がねじれてしまった場合などが例として挙げられます。

この便秘は激しい腹痛や吐き気を伴うことが多く、至急の手当てが必要です。



慢性・常習性便秘


何らかの原因で腸の機能が低下したために起こります。 「機能性便秘」ともいい、便秘の中でも、もっとも多く見られます。 この便秘は、その原因によって、次の3種類に分けられます。

〈1〉結腸性(弛緩性)便秘

腸の蠕動運動が弱く、便を押し出す力が十分でないために起こります。

この便秘は高齢者に多く見られます。また、若い人でも、普通の人より腸が長く、下に垂れているような体質の場合や、女性がお産を繰り返して、腹筋が弛緩しているような場合にも起こしやすくなります。



〈2〉直腸性便秘


直腸の神経が鈍くなって、便意を感じにくくなるために起こります。

便意を我慢したり、浣腸を乱用したりして、排便のシグナルを無視したことが主な原因です。

その結果、直腸に便がたまっても排泄のシグナルが脳に送られなくなり、次第に便意を感じなくなります。結腸性便秘と合わせて起こることもあり、便がかたくなります。



〈3〉けいれん性便秘


結腸性便秘とは逆に、腸の蠕動運動が強すぎるために起こります。何らかの原因で腸がけいれんを起こし、ところどころくびれて狭くなってしまうため、便が通過しにくくなってしまったものです。

腹痛を伴い、とくに食事の後に痛むことがよくあります。

また、便意は非常に強いのですが、排便が困難で、あとに残便感が残ります。



便秘と下痢を繰り返すこともあります。 この便秘は、ストレスや心理的なものが原因となって起こることが多く、過敏性腸症候群と呼ばれる病気の一種に加えられています。



過敏性腸症候群とは、慢性の腹痛や、便秘、下痢などを起こす病気で、心身症のひとつです。器質的な疾患ではなく、精神的な要因によって起こるので、薬物療法だけでなく、精神面のケアも必要です。


【関連する記事】
posted by いりゅう at 10:00| Comment(0) | 便秘の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。