2010年12月09日

女性の便秘

女性は男性より便秘になりやすいようです。

女性が便秘になりやすいのには、次の3つの理由が考えられます。



(1)黄体ホルモンの影響

女性の月経と排卵という体のリズムは、主に女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンで作り出されています。この黄体ホルモンには、大腸の蠕動運動を抑制する働きがあります。したがって、黄体ホルモンが活発に分泌される排卵から月経が始まるまでの期間、女性は便秘になりやすいのです。



さらに妊娠すると、この黄体ホルモンの分泌はますます活発になり、運動量が減ることもあって、便秘がちになります。おなかが大きくなってくると、子宮が腸を圧迫するため、やはり便秘になりやすくなります。



出産後には、妊娠中にのびきった腹筋が元に戻らず、胃下垂ぎみになり、胃腸の緊張もなくなってしまうので、ますます便秘がちになります。



(2)ダイエット

ダイエットを試みる女性は多いのではないでしょうか。ダイエットに励む結果、食事の量が少なくなり、便秘につながります。



(3)筋力

女性は男性よりも筋力が弱く、大腸の活動も活発ではありません。とくに腹筋がないと排便がスムーズにいきません。 このように女性は、便秘を誘因する条件を多く備えているのです。

posted by いりゅう at 12:00| Comment(0) | 便秘の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。